「働く方に、不安があってはならない」 京都の茶舗が就業規則を作成した理由|株式会社椿堂様

ユーザーインタビュー

お客様名:株式会社椿堂 武村絵津子さん
所在地:京都市伏見区深草北新町635
社員数:正社員4人、スタッフ含め約15人


「働く方に、不安があってはならない」 京都の茶舗が就業規則を作成した理由

―就業規則を作成しようと思ったきっかけを教えてください。

株式会社 椿堂は、明治12年に創業しました。現社長で5代目、社寺御用達の茶舗です。数年前まで、親族とパートさん数名で営業しておりました。その後、新店舗開業に伴い、正社員の方を採用することとなり、必要なもののひとつに就業規則作成がありました。

幸いよい人材とのご縁があり、働いていただくこととなりましたが、当社でどう働けるのかを言葉で伝えるだけでなく文書にしておかなければ、働く方も不安になるはずだと思いました。

とはいえ、その不安にどう対応すればいいのか、労務の知識はまったくありませんでした。ネット検索をすれば情報はいくらでも出てきますが、それだけでは分からない部分が大きいと思います。

ーHRbaseを選択した理由は、どこにあったのでしょうか?

「就業規則のことは社労士さんに聞くものだ」とは知っていましたが、就業規則作成以外に社労士さんに何を依頼できるのかも、具体的にイメージできていませんでした。

お願いするにしても、何回も打ち合わせをして作成する時間もありません。自分の会社に必要なことをピンポイントで対応してくださるところはないかと検索して、HRbaseを見つけました。

ー月額の「クラウド顧問」もご利用いただいていますね。

まずは不明点をいろいろお聞きしながら就業規則を作成し、その後は月額プランに移行しました。毎月、労働条件通知書の作成や労務相談を活用しています。

ークラウド顧問は、就業規則データが紐付いた月額4,980円の労務サポートサービスです。労務相談・雇用契約書作成・36協定作成・業務マニュアルの4機能が、労務管理の手間を徹底的に省きます。

椿堂

 

トラブルが起きない環境に。日々の小さな疑問は労務相談で解消

ーしっかりと労務相談を活用されているようですが、お役に立っていますか?

労務相談も、初めは「何を聞いていいのか」と思いましたが、スタッフの方からの相談ごとで私では分からないことにも、専門家の目から分かりやすく返信していただけるので、本当に助かっています。

当社は素晴らしいスタッフに恵まれており、今までトラブル等は起きていません。しかし労務トラブルの話を聞くこともありますので、もし何かあった場合に、すぐ相談ができる「クラウド顧問」の労務相談は本当に心強いです。

たとえば今年は新型コロナの影響で、社員さんに休業してもらわないといけなくなったり、パートさんに働いてもらえる時間が制限されたりしました。会社としては雇用を守るのが第一です。HRbaseの労務相談は、「このようなときはどうすればよいか」と具体的に事例を送ると丁寧に答えてくれるので、有難いですね。

ー雇用調整助成金も活用されたのですね。

新型コロナで自粛していた時期は、休業せざるを得ませんでした。HRbaseの雇用調整助成金ウェビナーにも参加しました。本当に無料で良いのかな?と思ったくらいの、充実した内容でした。

専門家の方にとっては当たり前のことでも、素人の私には理解できない内容が多かったので、分かりやすく教えていただいて本当に助かりました。有料でも沢山の方が参加されるのではないかと思います。これからも色々なウェビナーを開催をしていただけたらと思います。

ー正しい情報のご提供は、今後も弊社が力を入れていく部分です。どうぞ活用ください!

 

パートさん、アルバイトさんが多い環境だからこそ、書面でルールを共有

ー労働条件通知書はどのようにお使いでしょうか

弊社はスタッフによって雇用形態や勤務できる時間がバラバラなので、書類をつくる手間が省けるのもクラウド管理のいいところだと思います。

最近は特に、会社とのルール共有は必要だと感じています。SNS等で色々な情報があげられている今、企業情報、個人情報の守秘義務に関しても、スタッフ全員に徹底するために誓約書を作成をしております。

 

「ここを改善してほしい」率直なご意見

ーHRbase全般で、改善を希望される部分はありませんか?

労働条件通知書ですが、入力画面が正社員対象のイメージです。子どもさんがいるパートさんなど、勤務可能な時間や日数に幅を持たせている方が多いので、もっと柔軟な入力設定ができると助かりますね。

また機密事項誓約書等、会社に必要な書類も増えてきているので、こちらにも対応していただければと思います。

もうひとつ、就業規則を変更して再作成ボタンを押すと、こちらで独自に変更した部分がクリアされてしまいますよね。プリントアウトはしていますが、過去の変更箇所を残せるような仕組みがあると嬉しいです。

ー貴重なご意見ありがとうございます。上記開発に活かしてまいります。就業規則の変更に関しては、法改正など全ユーザーに関係することはHRbaseからもアナウンスいたしますが、独自の変更後に「法律に合っているか、整合性があるか」などご不安なときは、ぜひ労務相談をご活用ください!

 

伝統は守りつつ、時代に合わせて会社とスタッフのリスクを回避していきたい

ーありがとうございました。社会変化が激しい時期ですが、HRbaseの活用で働きやすくリスクの少ない経営を維持いただけると幸いです。

若い方や、これから起業される方にとって、労務がクラウドで管理できるのはいいことだと思います。今回の新型コロナのような事態が起きると、雇用保険料の支払いや就業規則の整備がなければ助成金も利用できません。労務管理の必要性は、増すのではないでしょうか。

椿堂④

弊社では、日本茶の販売・カフェの営業の他に、お茶の文化体験や日本茶の総合プロデュース事業なども行っています。2018年1月に伏見稲荷大社の休憩所に「稲荷茶寮」を開業し、スタッフの人数も増え、HRbaseさんには本当に色々助けていただいております。これまで培ってきた伝統は守りつつ、時代に合った方法で会社もスタッフもリスクを回避できるようにしていきたいと思っています。

(取材 2020年9月14日)

株式会社 椿堂

 


就業規則を作成した「その後」もしっかり労務管理を行っている椿堂さま。日々の疑問解消に労務相談を活用いただいているのは、嬉しい限りです。労務管理は、トラブルが起きてしまってからではなく、起こさないために取り組むものです。雇用と会社のブランドを守るためにも、今後もHRbaseの活用をお願いいたします。取材へのご協力、ありがとうございました。

 

HRbaseの「クラウド顧問」は月額4,980円。労務相談もお任せください!

新規CTA

New call-to-action
New call-to-action

Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
バナー:助成金版

関連記事一覧

関連記事はありません。