働き方改革は「考え方」改革! ソフト面から考えるリモートワーク導入のポイント

働き方改革

働き方改革の、ハード面とソフト面

「働き方改革」とは、とても耳ざわりの良い言葉です。

今まで、社員の働き方に向き合っていたとはいえない会社も、「何かしなくてはいけないのではないか」「改革をしないと採用が難しくなってしまう」など、ブームに乗ってとりあえず何かしらの制度をつくり始めています。

働き方改革をスムーズに行うには「ハード面」と「ソフト面」を整える必要があります。

ハード面としてはRPAの導入、セキュリティソフトを入れたPCの配布、また時短など労働環境に関する制度の構築などがあげられます。これらは計画も立てやすく、会社側としては「大きな一歩だ」と認識できる施策です。

それに対しソフト面は、社員の理解を得て制度を浸透させたり、ルールやシステムを使いこなす過程で起こるコミュニケーションミスに注意したりと、少し面倒です。

そのため、大切でありながら後回しにされることが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、多くの企業で注目を集めているリモートワークを例にとり、働き方改革の重要なポイントを解説させていただきます。

リモートワークの4つの分類

リモートワークとは、「毎朝決まった時間に会社に来て、同じデスクで仕事をする」という当たり前から離れ、自宅などで仕事をすることです。

PC環境があればどこでも仕事ができるという技術革新とあいまって、育児や介護等で在宅勤務にメリットがある社員以外にも、急速に広まりつつあります。

リモートワークは、そのやり方によって4つに分類されます


①ハイブリット型リモートワーク

会社の規定によって、労働時間にオフィスで働く時間と、オフィス以外で働いてもいい時間が設定されています。

②フルタイム型リモートワーク

100%リモートで仕事をする働き方。会社に正規雇用されているフルタイムの会社員が行います。

③アウトソース型リモートワーク

フルタイム型同様、100%リモートで仕事をするが、会社に正規雇用されていない人材が働くときに導入されています。

④テンポラリー型リモートワーク

育児や介護で一時的にオフィスで勤務できない場合に、リモートでの勤務を許可する場合に導入されています。


リモートワークを導入するときには、会社の現場実態に合わせ、また社員の能力を十分に引き出せるタイプを選ぶことが求められます。

問われるのは、働く場所だけではない

導入企業における共通課題は、時間管理です。

育児や介護、自己実現の副業などのためにリモートワークを選択した場合、会社の定時に合わせて仕事をすることは、ストレスの軽減にならず、かえって効率を下げる可能性もあります。

しかし管理をする立場からすると、「時間外労働を把握できない」「さぼっているのではないか」など、今までとは違う悩みが生まれてしまうことでしょう。

だから、リモートワークを導入したはいいが、うまくいっていない…もしくは導入したいが踏み切れない…という会社が多いのです。

これはまさしく、リモートワークにおけるソフト面の課題です。どんなに良いシステムを導入しても、会社と社員が「信頼関係」で結ばれていないと、疑心暗鬼のまま仕事を進めることになってしまうからです。

リモートワークの成功の3つの要素

リモートワークをうまく導入するには、「ルール・ツール・信頼感」という3つの要素をうまく整えなくてはいけません。さらにその3つは、ハード面とソフト面に分けて考えることが必要です。


【ハード面に関する要素】
①ルール(マネジメント方法や、評価に関する制度など)
②ツール(セキュリティ上安心でき、使い勝手が良いシステムなど)

【ソフト面に関する要素】
③信頼感(会社が社員を見張る、という考え方ではいけない)


いざ、リモートワークを導入するぞ!となったとき、①と②のハード面については検討が進んでも、③について真剣に考える機会はあまりないのではないでしょうか。

しかし、会社と社員の間に信頼感がない限り、どんなにいい制度をつくっても、リモートワークで生産性を上げることは難しいでしょう。
もし「社員から目を離すのが不安」という風土があるのなら、まずはその考えから改革をしていかないと、リモートワークだけではなく「働き方改革」自体が名前だけで終わってしまいます。

働き方改革は、「考え方改革」というのは、そのような意味を含んでいます。

信頼関係を築く手法とは

会社として、社員との信頼関係を築くために取り組んでいただきたいのは、以下の2点です。

・会社の決まりや経営者の考えを明確にし、ルールとして社員に周知させる
・コミュニケーションの観点から、人間関係の課題を解決する

このふたつは、リモートワークの導入にあたり、土台となる大切なことです。

会社と社員の間に信頼関係が生まれたら、どんな改革もスムーズに進むでしょう!

新しい制度を導入し、新しい働き方を定着させるために。会社も、働く側も、「考え方」を刷新し、信頼できる関係構築を目指してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事一覧